【サポセンの仕事】外出支援の仕事一日の流れ

4/25/2019

 

 

 

 

三郷市彦音にあるサポートセンターみどりの風です。

 

 

「外出のお手伝い」や、「サービス等利用計画を作成し」日々の生活をサポートするお仕事をしています。

 

 

とはいえなかなか、知らない人からすると、わかりずらいのが「外出支援」の仕事です。ここでは詳しく説明しますね。

 

 

1)利用者から事前に外出の依頼を受けます

 

利用者から前もって依頼を受けます。外出の目的は様々。
「動物園に連れてって~」

「南越谷にある視覚障害者の施設に連れてって~」

「美術館に行きたい」
「買い物に行きたい」etc

利用者の要望にお応えする形で外出のお手伝いをします。

 

 

2)ヘルパーとの調整をします(支援員と呼んでいます)

 

支援員さんと予定調整し、シフトを組みます。

支援員さんの経験や資格に応じて依頼する人を調整します。

 

 

3)当日支援員さんが利用者宅へ訪問します。

 

挨拶をし、体調や荷物、行き先を確認し、いざ目的地へ。

「今日は博物館に行く」という予定とのこと。

 

 

4)電車バスなど公共交通機関を使います

 

外出の支援は基本公共交通機関(電車、バス)を使います。

電車の乗り継ぎなどは支援員さんが事前に調べます。

一緒に切符を買うお手伝いをして、安全に電車の乗れるように配慮します。

 

5)目的地の「博物館」に到着

 

利用者の要望にお応えする形で博物館の中をめぐります。

利用者によっても要望は様々なので利用者とコミュニケーション取りながら、
外出を楽しみます。

 

 

6)お昼ご飯を一緒に食べることもある

 

外出支援ではお昼ご飯も一緒に取ることがあります。利用者の好みに合わせ一緒にレストランなどに行きます。

 

7) 電車バスを使って帰る

 

8)ご自宅到着。

 

今日の支援の流れを説明し、今日の記録を渡し、印鑑をもらいお仕事終了です。

 

 

利用者は知的障害を持つ利用者から、視覚障害を持つ利用者まで様々です。

 

 

サポートセンターみどりの風スタッフは現在は登録支援員さんからサービス提供責任者(正規職員)でシフトを回しています。

 

「サポセンのお仕事に少しでも興味がある」

「空いている時間を少しでも地域貢献に活用したい」

「サービス提供責任者の仕事に興味がある」

「将来相談員の仕事がしたい」

 

などご興味ある方はこちらをお読みください。

 

 

サポートセンターみどりの風スタッフ募集

 

 

 

 

 

Please reload

カテゴリー
アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

お知らせ一覧
Please reload