理事長挨拶

  違いを大切に

​緑の風福祉会は,利用者さんも利用者さんを支援する私たちも,

互いをひとりの人として大切にし互いに大切にされ,

誇りをもって生きることが最も重要なことだと考えます。

 

 

もっというと,私たちの家族,友だち,地域の人たちはもちろん,

これまで生きてきた中で出会った,今出会っている,

これから出会うであろうすべての人たちに対しても,

同じような気持ちで接し行動できればいいな,と思っています。
 

 

大切にすることの基本は,

一人ひとりの生き方や考え方を大切にするということにあります。

人は生まれつきの性格やこれまでの体験がみんな違います。

 

 

だから,生き方や考え方も違って当たり前です。

時には他の人の考え方に納得できないこともあるでしょう。

だからといって,<わたし>が常に正しく

<あなた>が間違っているとは限りません。

 

 

まず違いがあることを認め,そこから始めて,

どこがどのように違うのかを

互いに見つめなおす作業が必要だと思います。

 

 

<わたし>が正しいと思っていることをあらためて見直したり,

<わたし>が思いもしなかった<わたし>自身の偏見や思い込み,

知らず知らずのうちに行っていた動き方や態度に気づく,

ということが起きるかもしれません。

 

あるいは<わたし>も<あなた>も知らなかった新しい景色を,

二人で発見できるかもしれません。

これは違いをどちらか一方に吸収する解決とは違います。

ふたりが違いを大切にすることによって成し遂げた,

新たな発見であり発明でさえあるでしょう。
 

 

利用者さんの中には,

自分の感じていることを言葉で表現することが難しい方もいます。

しかし,思いを伝える手段は言葉だけではありません。

表情であったり動きであったりするでしょう。

むしろ言葉は,時に嘘を作り出す道具にもなることがあります。

 

 

それに比べて表情や動きのほうが,はるかに本当の思いを伝えることができます。

100個の決まりきった美辞麗句よりも,ひとしずくの涙です。

 

 

思いを伝える手段にも一人ひとり違いがあります。

一人ひとり大切にするということには,

この違いに思いをはせることも含まれています。

 

様々な場面で<あなた>の思いに心を傾け,

<あなた>に思いを伝えようと試みる作業を通して,

利用者さんも支援する私たちも,共に成長することができるよう願っています。

​理事長 大熊 保彦